カジノから得られる世界最高収益といえば、近年、競合を大きく凌駕し、2021年度だけで290億ドルをはるかに超える収益をもたらした「マカオ」が、新たな王者としてひときわ目立ちはじめている。そして驚くことに、世界で最も収益性の高いカジノを挙げてみると、そのベスト3はすべてマカオにあるのだ。本記事では、その3つの最強カジノを以下にて紹介しよう。

ギャラクシー・マカオ

ギャラクシー・エンターテイメント・グループ(GEG)というマンモス企業の傘下にある「ギャラクシー・マカオ」は、2011年に開業した後まもなくして、世界最高の売上高を誇るカジノのひとつに成長。2,200以上の客室、50軒のカフェ、人工プライベートビーチまで備えた、巨大で超豪華なスーパーリゾートとなっており、2019年には年間80億ドル以上を売り上げ、今や世界で最も儲かるカジノといわれている。

有名な同カジノを本場で楽しもうと、富裕層のギャンブル好きが世界各地から訪れる。新型コロナウイルスの感染拡大が勃発して以来、その客数は減少しているものの、巨額の収益を刻み続けている。今年2022年に再び渡航制限が解除されれば、同カジノはこれまでの最高収益の記録を塗り替えるだろうという予想もされている。すでに世界有数の富豪たちが、同ホテルの最高級スイートをこぞって予約し、カジノで大金を使う準備をしているようだ。

SIMグランド・リスボア

SIMグランド・リスボアは、その名の通り、ポルトガルに関連していることがわかるが、実際は世界の新しいカジノ中心地、マカオにある。SIMグランド・リスボアは、マカオのシンボルともいえるような豪華絢爛なカジノリゾートで、ギャンブルエリアには800台のゲームテーブルと900台のゲームマシンを備え、ギャンブラーの憧れの的となっている。

新型コロナウイルスの発生前、同カジノの売上高は、2019年に42億7000万ドルを突破した。継続的に続いているロックダウンが原因の店舗閉鎖により、過去18カ月間に赤字が何度かあったものの、現在では再び営業を再開し、お気に入りのギャンブルゲームで早く楽しみたいという富裕層の顧客を引きつけている。ロックダウンの間に、豪華なギャンブルルームをさらに改装し、サービスを充実させたことから、2022年度は過去最高の収益を上げるだろうと予想されている。

ウィン・マカオ

ラスベガス・ストリップで有名なカジノ企業「ウィン」がついにアジアにも進出し、世界中に拡大し続けているが、これまでで最も成功を収めているロケーションは、おそらく予想通り、マカオにある。世界的なパンデミックが続く中、2020年第4四半期には、16億5000万ドル以上の売上を上げることに成功し、マカオのカジノ業界だけでなく、世界経済にもその足跡を残している。

そんな勢いのあるウィン・マカオは、ポーカーやルーレットの合間に贅沢な食事を楽しみたいという富豪グルメにぴったりな観光スポットであり、これまでにフォーブスが選ぶ五つ星ホテル賞を1度だけでなく7度も受賞している。273,000平方ftにおよぶフロア面積と、数千のテーブルゲームやスロットマシンでギャンブル欲はしっかりと満たされるうえ、1,000室のスイートルームと豪華な設備の数々を備えており、世界中の富豪が大勢集まる注目リゾートになっている。